空間軸を中心として、写真やデザインなどから多面的にその輪郭を形成するアート活動です。

料理とかいうクリエイティブ

NOTE

 

コンロのVamo.と鉄フライパンが我が家に来て以来、今までで一番自炊が続いています。

 

_DSC0907

 

料理が格段に楽しいんです。

なす焼いてみました。

 

かつお節とめんつゆを少々。

かつお節の香ばしさ、めんつゆといふ人類の知恵、なすのしっとりとした甘み。

 

DSC0923

 

旨味が、甘みが、素材の味が、引き出てる…!うまい…!

そうか、料理も同じなのですね。

 

写真は被写体の魅力を、音楽はそれぞれの楽器の魅力を、インテリアは、ひとものことの魅力を、料理は素材の魅力を、互いに純度を高めあいながら魅力を引き出し合う。

クリエイティブなんだ。

純度を高め合う、なんとなく使った言葉ですが、ものをつくる作業において結構鍵を握る気がします。

単体でいろいろとまぜこぜにした加工食品はそれはそれで美味しいが、美しくない。

 

混ぜるのではなく相補的に高め合う。過剰な味付けで盛ってはいけない、引き立てあうのだ。

人は媒体でしかない。

とか言ってまだ炒めるくらいしかできないのですが。

 

この料理に対するモチベーションを受け止めるべく、器も欲しくなってきました。

アゲ太郎くらいもう少しうまいこと言いたかった。

 

広告