空間軸を中心として、写真やデザインなどから多面的にその輪郭を形成するアート活動です。

[販売期間6/17まで] 長年連れ添った古材天板鉄脚デスクとEXPEDIT、売りに出してみます

NOTE

 

長いこと連れ添ってきたこちらの古材天板鉄脚デスクとIKEAの白い棚EXPEDIT、売ろうと思います。

 

 

もう3、4年の仲になり、かなり愛着もかなり湧いてきたところ。

不要になったわけではありません。正直、売れてしまうとこれまでのライフスタイルが変化してしまうので少し不便です。

ではどうして手放そうと思い立ったかですが、これから引越しという大きな節目であることと、部屋に何かしら新しさが欲しかったから、です。

 

部屋の家具って一度揃えるとなかなか買い換えるきっかけがないものですよね。

今、デスクと書棚に関して不便はしていないので、デスクと書棚に関する思考は停止してしまっています。愛着がもはや執着になってしまっている。そこをあえて手放してみて、自分を再び不便に追い込むことで3、4年前とはまた違った解決をするのではと思いました。次どんなデスクや書棚が欲しいかもまだ決まってません。

 

 

 

さて、古材天板鉄脚デスクの紹介です。

まず鉄脚。おそらくこの商品です。3、4年前のページはもっと地味だった気がする。

 

 

アジャスター付きなのでがたつきの心配は無し。

 

もともとしっとりとした艶のあるオイル塗装でしたが、グレーに塗った後その塗膜を荒く剥がすという過程を経ているためサビが進行しているのがわかるかと思います。

意図はしてませんでしたが、結果として既製品にはない質感が出ているのではないでしょうか。

 

 

そして天板は杉古材のものになります。

足場板と呼ばれるものです。

幅1300奥行き600の広々天板はとっても使いやすい。

 

 

表面には薄くブライワックスをのせてます。

 

 

もともと古材なので表面はかなり荒い商品になりますが、わたくしペンキ痕やカッター痕、テープ痕などの痕跡はそれほど気にしない性格なものですので…かなり使用感があります。

 

 

鉄脚を天板裏に無理やり木ネジをねじ込んで留めているのです。

解体して発送予定なので、木ネジは新たにすこしずらして開け直すのがいいと思います。

 

天板裏には脚用の穴以外にもネジ穴など多数あります。

 

 

こんな使い方をしておりましたので。

 

 

 

次にIKEAの棚、EXPEDIT。

現在は廃盤で 後継としてサイズが若干変わり、KALLAXとなっています。

 

 

かなり使用感あります。

古くて横揺れもありますので重いものは下においた方がいいかも。

オフホワイトな色味。

 

 

シンプルで扱いやすい。

 

以上、かなりの使用感がありますが、ご希望の方がいらっしゃれば販売いたします。

中古品なので定価よりは安価に設定しておりますが、はじめに言ったように不用品ではないのでそれほど安売りはしません。今必要とされる人の元へ届くと嬉しいな。

EXPEDITは配送料が高くなってしまうので直接引き取りのみ対応です。

 

[SOLD OUT] 古材天板デスク購入はこちら
[販売期間6/17まで]  イケアのEXPEDIT購入はこちら

 

その他交渉等があれば、問い合わせフォームよりお願いいたします。

広告