空間軸を中心として、写真やデザインなどから多面的にその輪郭を形成するアート活動です。

ニベア銀缶から考える日用品デザイン

NOTE

 

少し前にインスタグラムでそれなりに流行った#ニベア銀缶

 

a846eede8b80fa3f6a20cd6b6914b7381b248f85

 

あの綺麗なブルーをわざわざ剥ぎ取り、ニベア銀缶と称してタグを作ったのは僕です。

 

「 ニベア銀缶 作り方 」で検索している人が多いみたいですが、作り方は特に紹介するまでもなく粗いやすりで削り徐々に細かいやすりに変えていくだけです。最後の仕上げにピカールを使う人もいるようでした。

僕は全体に均一な傷をつけてマットな質感にしてました。好みです。

 

ニベアにも頼らない生活にしたい。と思ったのですが、冬になり乾燥するようになったので最近また使い始めてしまいました。なのでちょっと今更ですがニベア銀缶の記事です。

 

ニベア クリーム 大缶 169g
別にニベアのきれいなブルーを嫌っているわけではないんです。こっちの方がかっこいいかどうかはおそらくそれぞれ個人の好みでしょう。

無垢ってなんだか良くないですか、程度に僕は思います。

 

これをわざわざタグを作ってまでシェアしたのは、広告を身にまとったようなものばかりの日用品デザイン全般に向けたアンチテーゼというか。

たかが消耗品といえど、家庭ではいつも身近にある日用品のデザインの重要さにもっと一般の方や企業の中の人にも、フォーカスをあててほしかったという気持ちはあります。

そんなメッセージ性をもってシェアされていけば良いな、と思いました。

 

Aesopをはじめ、COLONY2139など、最近はシンプルなパッケージをちょくちょく見かけるようになったり、少しずつ世間が気づきだしてるような感じがします。

もっと自然に、良いデザインがドラッグストアとかで手に入ると買い物も楽しくなりそうですね。

 

名称未設定-1

 

ただ、なんでもかんでもシンプルなデザインにして統一感出そうとするのは安易ではつまんないもんで、不思議なことにポップなデザインでも空間にすんなり馴染んでくれるものもあったりで、まだまだ奥は深いですね。

 

広告