ガス圧力式椅子の昇降不良時の延命処置

NOTE

前回の続きです。

 

今週も雑誌の取材が来るとのことでしたので、椅子の本格治療です。

今回の取材は朝早めだったので、作業は仕事終わりの夜です。

仕入れた材料はこちら。

 

_dsc2561

 

フラッシュを焚く撮影は慣れていない。

鉄の棒、ホースなどを留める輪っか、金切ノコギリ。

 

_dsc2567

 

ごりごり。

なかなか骨の折れる作業です。

カメラが右手でしか扱えないから左手で持っているが右利きです。

 

_dsc2570

 

切り落とせました。

ついでに表面も少し磨いたり。

鉄の棒をあてがってホース用の輪っかで縛る。

 

_dsc2577

 

完成です。

なかなか無骨でかっこいいでしょう。

前回はギプスつけている的ぎこちなさがありましたが、今回は人類の知恵が収束したようなかっこよさがありませんか。言い過ぎですか。

 

次回(いつになるやら)は座面の張り替えを。乞うご期待あれ。

 

広告