情報の海に溺れないために

NOTE

 

情報の海に飛び込みたくなる時があります。

自分が空っぽな気がして。

まあたしかにそういう時はよく吸収できます。

 

Pro

 

 

情報の海に溺れないようにはどうしたら良いか。情報で身を固めただけでは海の底へ沈んでしまいます。

 

機材や知識量を溜め込んで知った気になったひとにはなりたくないなとよく思います。

溺れないようにうまく浮かび上がるにはどうしたら良いだろう。

 

情報を気化するのです。

水が水蒸気に変わると比重が小さく体積は増し浮かぶようなイメージです。

状態変化には熱エネルギーが必要なので、自分とはきっとそういうことです。

自分という存在は実は媒体でしかなくて、見たもの聞いたもの触れたものを取り込んで再構築している存在にすぎない。

 

情報量が多いに越したことはないけれど、浮力のないからっぽではいけない。

 

いや、地に足つけることだって大事だし、忘れっぽい自分が圧倒的な知識量のひとに嫉妬している言い訳かもしれません。

 

そもそもまだ水たまりに浸かっているいるだけかもしれません。

 

Processed with VSCOcam with se3 preset

広告