空間軸を中心として、写真やデザインなどから多面的にその輪郭を形成するアート活動です。

奥行きが増してく

NOTE

僕はうまれつき左耳が聞こえてないので、いつだったか音楽が立体に聞こえるようにできてること知ってショックを受けた覚えがあります。
だけど、これもいつだったか、立体が平面にしか聞こえないという悲観的なものではなく、奥行きを出せるかどうかは自分次第ではないかと思えるようになって随分世界がひらけて楽になりました。

これは音楽に限らず同じように、空間さえも平面上へねじ込むこともできるし、平面にも奥行きを与えることはできると考えてます。
絵画的物体や写真は僕にとってそんな気持ちでやってます。

絵画的物体についてはこちらに書いてます。
 

 
平面上の心地よいところに筆を落としてゆくと、今いるこの部屋の3次元の空間とは別の奥行き方面に次元がめり込んで行くような感覚がするのです。
 

 


 
空間が、その平面上にも広がってゆく。
空間が、その平面上に濃縮されてゆく。

2年前に書いたことなのに、ほとんど今の気持ちは変わっていません。空間のための空間の延長をつくりたいだけ。

写真として空間を捉え直すのであればつくるものは平面にこだわる必要もないので、オブジェ的なものも作ってみたり。
 

 
写真のすきなところのひとつは、途中でも許されること。
 

 
最近、ひとつBlumoに納品させていただいたのだけど、この空間からその物体だけが切り離されて、そこでまたあたらしく空間が広がっていて、それってとても素敵なことだなと感激しました。
 

 

View this post on Instagram

 

blumo_さん(@blumo_)がシェアした投稿

 
文脈抜きにつくったものだけを見られたのなら、似たようなものをつくっているひとはいるかもしれないし、おそらく僕の知識や技術は乏しくって浅はか。
僕は知識や技術にも媚びることはできないけれど、自分が手探りにつくってきたこの部屋にだけは媚びることができる。
中心にはこの空間があるのだ。そう思って改装しながら暮らしておりました。
この絵画的物体は空間の延長であり写しなのだから、この空間に磨きをかけてゆくことは僕にとってはきっと遠回りではないのです。

 

広告